賢く稼ごう!空き時間を利用して、副業バイト!

会社はなぜ副業を禁止するの?副業に対する会社側の考えを知ろう

副業でお小遣い♪パート・アルバイトワークス

WRITER

ライター画像 小学生の子供が2人いるので、コールセンターのパートを週2回しながら、ブログ収入と内職の副業バイトで稼いでいます。

副業アルバイトの会社側の考え

副業アルバイトを始めるにあたって、気になるのは本業の事情です。副業を持つWワークは、法律的には何も問題はありません。でも、会社の就業規則で副業を禁止されている場合は要注意です。副業禁止条項があるにも関わらず副業していることがバレてしまった時には、最悪の場合、解雇処分となる可能性もありえます。副業禁止の会社は意外と多いので、事前にしっかり確認してくださいね。ところで、なぜ企業は従業員の副業を禁止するのでしょうか?

副業が会社にばれないように!

副業は年収アップに大変重宝しますが、本業への悪影響を懸念して規約で禁止している会社も少なくありません。万一上司にばれたら、口頭注意だけでなく懲戒免職などの厳しい処罰を受ける可能性があります。副業を行うのであれば、できるだけ会社にばれないように配慮する必要があります。その裏技として、確定申告を行うという手があります。自分で所得を申告して普通徴収によって住民税を納めれば、会社の経理担当者にバレる心配がなくなります。ただし、アルバイトの副収入は給与所得扱いになるため、バレる可能性が100%なくなるわけではありません。

なぜ会社は副業禁止にするのか

収入を増やしたければ副業を行うのが最も手っ取り早い方法です。しかし、世の中には社員の副業を規則で禁止している会社が少なくありません。その最大の理由は、本業への悪影響です。反復性の高い副業に時間を割くようになると、生活のリズムが乱れて本業の仕事に支障が出る恐れがあります。また、副業を行っている社員の噂が広まると、企業の清廉なイメージが損なわれてしまう可能性もあります。そのため、多くの人事関係者は社員の副業に対して理解の態度を示そうとしません。どうしても副業を続けたい場合は、副業を禁止していない会社に転職することも検討した方が良いでしょう。

副業の定義とは?

法律上、「副業」の厳密な定義は存在しません。本業とは別に収入を得ている仕事があれば、それらはすべて副業ということになります。一般的なアルバイトはもちろんのこと、ネット配信で稼いだアフィリエイト収入やネットオークションの売上金なども副業の副収入としてカウントされます。気をつけなければならないのは、本業がおろそかになることを懸念して副業を禁止している会社もあるということです。どんな副業が規定違反になるのかは会社によって大きく異なるので、副業を検討している方は事前に上司に確認を取っておいた方が良いでしょう。

今読まれている記事一覧
副業で確実に収入を増やす!
副業で確実に収入を増やす!

日本人の平均年収は、ここ17年もの間、ほとんど変わっていないという事実をご存知でしょうか?消費税増税や物価の上昇、子供の学費など、出費はかさむ一方なのに、収入はほんの僅かずつしか増えていかないのが現状です。給料がほんの少しあがっても、社会保険料もあがってしまい、手取りはむしろマイナス!?なんてこともありえます。期待できない本業の収入アップを待つよりも、少しずつでも副業で稼いだ方が、よっぽど効率的で確実です!

詳細はこちら
副業が会社にばれないように!
副業が会社にばれないように!

内緒にしていた副業が会社にバレてしまった場合、減俸や、最悪の場合は懲戒解雇になる可能性もあります。注意だけで済んだとしても、会社からの信用は落ちてしまい、その後の評価が下がることも考えられます。本業の収入だけでは少し足りないから副業アルバイトをしていたはずなのに、本業でそんなトラブルになってしまっては本末転倒ですよね。副業が会社にバレる要素はいくつかありますが、きちっと対策をしなければならないのは確定申告と住民税の納付です。

詳細はこちら
主婦にオススメは日払いアルバイト
主婦にオススメは日払いアルバイト

アルバイトをするにも、主婦の場合はどうしても子供や夫など家庭の事情と家事が最優先ですよね。そんな主婦の方におすすめなのが日払いのアルバイトです。1日だけでも働ける短期の日払いアルバイトなら、勤務日時も自分の都合に合わせて選べるし、アルバイト代もすぐにもらえて大助かりです。ちょっとしたお小遣い稼ぎにも、その日に働いた分がお金として見えるからモチベーションがあがりますよ♪ 最近の日払いアルバイトは仕事内容も豊富で、気負わずに働けるものもたくさんあります。

詳細はこちら
副業は短期アルバイトがオススメ!
副業は短期アルバイトがオススメ!

本業に支障が出ない範囲で働けるおすすめの副業アルバイトは、1日からでも働けるタイプの短期アルバイトです。週休2日の会社員の方なら、2日ある休みのうち1日をアルバイトにあてるぐらいのペースから始めてみてはいかがでしょうか?イベント警備や販売員、交通整理など、週末の短期バイトは種類も数も豊富です!履歴書不要で働けるものも多いので、サラリーマンの副業バイトにはうってつけですよ。短期で日払いなら、週末ごとにお小遣い稼ぎができちゃいますね♪

詳細はこちら

page top

Copyright (C) 2015 副業でお小遣い♪パート・アルバイトワークス All Rights Reserved.